カテゴリ:MA PENSÉE( 7 )

miracle

2月15日
e0035516_5441263.jpg小さい頃は神様がいてー 不思議に夢を叶えてくれたー
優しい気持ちで目覚めた朝はー 大人になっても奇跡は起こるよー
カーテンを開いてー 静かな木漏れ日の優しさに包まれたならー 
きっとー 目に映るー すべての事はメッセージー

ユーミンです。

魔女の宅急便ひさびさに見たんだけどさ、
今見ると、よりいいね!

まりの小さい頃の夢は、こんなお部屋に住むことでした。



ところで、大人になって奇跡は起こるのかしら。
実際問題、何に関しても努力しなきゃ奇跡は起こらないよ。
優しい気持ちで目覚めてもさ、
「やっばー、11時じゃんっ。授業間に合わないじゃんっ!」
なんて言ってたらダメだよ。 
だよね、まり。

意識をしっかり持ちましょう。
今まで何をしてきたの。
今何をしているの。
そしてこれから何がしたいの。

成人してしまった今、不思議に夢を叶えてくれる神様いないんで、
ぽけーっとしてないで意識、意識。

色々な経験をするのは大切。
でも要チェックはここよ。
その経験を通じて何を得たかだよね。
一体今何を学び得ているの?
何のために学んでいるの?
目の前にある事を言われるがままにするんじゃなくて
正直に、自分がこうだと思ったことしよう。
じゃないと学んだことも自分のものにならないよね、
自分の「強み」にも「魅力」にもつながらないよね。

ところで、自分の「これだけは誰にも負けない!」ていう強みって何なの??
みんな、「ほらほら、これですよ。」って見せれるの? 箇条書きにできるの?
キキはほうきで空飛べるけれどさ、まりお空飛べないよ・・。
自分らしさはわかるけど、具体的な強みがまりまだわかんないよ。

まだまだ模索中だけれども、
自分を信じて、自分のできることをしましょうね。
目に映るー すべてのことはー メッセージーー

ちなみにゼミ換算用の必須単位、とりあえず前期無事取れたー!
ふぅぅー
[PR]
by bamri | 2006-02-16 06:39 | MA PENSÉE

la main et l'âme

わくわく、わくわく。
わくわくわく。

こう感じれる時、最高だね。
旅行とかね、お祝い事とかね、
そういう特別な事には絶対ワクワクなんだけどさ、
そうじゃなくても日常のワクワク感が大切でしょ。
普段の生活の、普段の時間を楽しく生きたいもんね。
毎日ワクワクしながら生活したいもんね。
今は、その価値を体感できてるよね。 ワクワクワク

でもね、私怯えてもいるのよ。 プルプル
これに期限はないのかしらって。
バターには賞味期限があるでしょ。
これ結構早のよ。
この前ね、残ってたバターをパンに塗って食べたらさ、
お腹痛くなっちゃってさ。
確認したら、賞味期限去年の11月じゃん。
やだ・・・。
まりのこの期限、6月だったらどうしよう。
そうでなくても、来年の3月までだったらどうしよう。 プルプル
考えて。
来年、まり社会人だよ。
知らない世界に放たれちゃうんだよ。
果たしてそこは、
サハラ砂漠かグラースのお花畑か。
日々ワクワクか、日々ヘトヘトか。
やっぱ仕事によって決まるよね。
心から興味があること、好奇心が湧くこと、
それによって成長したいと思うこと、
「やらなきゃダメなこと」だけじゃなくって
自らが楽しんで「やりたいこと」を仕事にしたい。

働く「手」とまりの「心」が別れてしまったら悲しいもん。

e0035516_8131552.jpgCITIZEN K
1,5センチくらいあるこの雑誌。
1ユーロ!
安っ。
日本円見ると1650円!
高っ。
ビックリしちゃって購入。
読むの楽しみ。 ワクワク
[PR]
by bamri | 2006-02-13 08:32 | MA PENSÉE

Strasbourg

Mariの「地球の歩き方 フランス」
Strasbourg 1

e0035516_7315100.jpgアルザス地方はパリの東、ドイツ国境に接するところ。
ストラスブールはそのアルザス地方の町で、
ユーロ会議も開かれるヨーロッパの中心的な町。
Strasbourgって訳すと「道の町」なんだってー。

この写真の船とかおうち、まるでおもちゃね!


e0035516_7284337.jpgフランス人としての心を忘れるな。
アルザス人としての誇りを持て。


アルザスは第二次世界大戦中、
2度もドイツに占領されて、
100年の間に4回も国籍が変わったの。
その占領中、アルザス出身の画家Hansiはこう訴え続けたそう。

e0035516_7541943.jpg色んな歴史を経ながらも、
フランスとドイツ両方の文化を吸収して
アルザシアン独自の文化を作り上げたのねー。
そのお陰で今はとっても美しくてかわいい街!
中世の街並みとモダンな感じが入り混じってるのよ。

e0035516_813296.jpg建物はやっぱりドイツっぽいね。










なんだかさ、単純に街を見てかわいいって思うけど、
そこには色んな歴史が詰まってるんだなって思うとすごいよね。
そんな歴史があったからこそ今のアルザスの魅力があるんだろうね。
だってさ、だってさ、
100年の間に4回も国籍変わるってすごくない?
長生きじいさんなら4回とも経験しちゃってるじゃん。
自分のアイデンティティは?ってなるよ。
どんな感じかな。
まりだったら、いきなりある日、
「あなた今日からロシア人よ。」
とか言われて、
はらーっ
って思ってピロシキ食べてたら
「今日からやっぱ日本人でよろしく。」
とか言われて
まぁーっ
って思って饅頭食べてたら
「またまたロシアンになって。」
って言われて・・・・
みたいな感じかな。
って、わかんなー。

e0035516_9481682.jpgでもさ、想像を絶してしまうんだけどさ、
そんな歴史があるからこそに、
アンジが訴えたように
みんなアルザシアンとしての誇りを持って、
伝統とか文化を大切に守ってるはずだよね。
だからほんと街は美しいし、
食べ物はおいしいし、
かわいいものもいっぱい。






こうやって、ジャンルは問わないけどね、
ずっと続く「素晴らしいもの」っていうのは残すべきだよね。
というか、残さないといけない思うよ。
宗教とか、戦争とか、色々な歴史上の出来事とかね、
その中に暮らしていた人の知恵とか、職人の技とか、生活自体がね、
ずーっと積み重なってきたもので、
目には見えないけど、今あるものすべてに意味があると思うのね。
それって絶対マネっこで作れないものだし、
今やれって不可能だもん。
フランスの地方のよさってそうだと思うよ。
人々がずーっと昔からずっとずっと伝えてきたものが
その土地それぞれに染みついて魅力になるのよ。

ストラスブールがまりに教えてくれたよ。
新しいものも素晴らしいし必要だけれど、
いいもの、美しいものを残すというか、守るということも大切だわ。
そこにも独自性って生まれるでしょう。
って。

Hansiがまりに訴えてるよ。
まりよ、アルザスでの感動と思い出を忘れるな。
今の考えや自分自身に自信を持て。
って。

旅の思ひ出綴りは次回にしよっと。
とりあえず眠~。
明日からまた学校頑張ろっとー。
[PR]
by bamri | 2006-02-06 09:55 | MA PENSÉE

Mon dieu

1月26日
人を動かすってすごいよね。
人の「心」を動かすって、すごいね。

e0035516_7531418.jpgさて、こちらは今日まりの心を動かした一品、ガレット・デ・ロワ。
お店によって中に入ってるフェーブは様々なんだけどね、
HONORÉのガレット・デ・ロワに入ってる陶器が
クマさんでとってもかわいいの!
ところで、ガレット・デ・ロワってフェーブを当てた人が王様になるお菓子だよね。
e0035516_8144448.jpg一人で食べるものじゃないよね。
でもね、学校の帰り道
どーしても今日、今すぐ無性に食べたくって、
というより、このクマさん陶器がどうしても欲しくって、(ミニクイネ・・・)
買ったの。

ほら、ガレットの上部をご覧になって。
ちょっと欠けているでしょう?
家に着く前に我慢できなくなっちゃって、
ちょっとつまもうと思ったんだけれども、
うまくちぎれなくって失敗した
っていう後・・・。
それぐらいに食べたかったの、わかるかしら。
ははは


ところで、話を初めに戻すとね、
人の心を動かす人ってすごいと思うの。
物理的に人を動かすんじゃなくって
心を動かすって。
お金や力で人を動かす事は可能だけれども
それって持続性がないでしょう。
しょせん一時的なもの。
それにホリエモンみたくはなりたくないしぃ・・・。

でも人の「心」を動かすって、
すごいエネルギーと努力と行動が伴っていないといけないくって
全然簡単なことじゃないね。
この世の中、いっぱい誘惑あるし挫折もあるのに
口だけじゃなくって行動に移して、成し遂げるって感動モノ。
経験とかさ、その人が蓄積したものとかね。
隠れた、絶え間ない努力がいるだろうし、
人には見えないところでつらい苦労もあるだろうし、
輝いて見えるものほど裏がある。
でもね、たとえそれが見えなくっても、
そういう芯があるからこそ人の心に響くもの。

だからね、すごい影響も与えると思うの。
自然とね。
人を引っ張っていくと思うし、
何かのトップに立つべき人でしょう。
そういう人との出会いってとっても大切。
エネルギーをくれるし、成長させてくれるし。
お金はすぐに消えてしまっても、
その時感銘を受けたものは一生残るから。
人それぞれだけれどその中で、
自分との感性が一致すると、もう宗教ワールドだよ。
狂信的信者になっちゃう。
だからそういう人に巡り会えたら感謝しないといけないよ。 シェイシェイ
自分の人生の枝分かれグネグネ道に
石ころを並べてくれるんだもんね。

でもね、問題はここからよ。
いつまでも信者のままじゃね。
人生そんなに甘くないっ。
そうやってお導きやお助けにすがってたらね、
その人への尊敬の念が膨らむ一方
自分がどんどん、どんどん縮こまっちゃって
やがてまり消えちゃうよ。
影響されつつ、それを自分のエネルギーに変えていかないと。
ひょー、大変だね。

この観点からいくと、3つのグループに分かれるはず。
まず、自分の中でのゴッド的存在。
グネグネ道を探り進む仲間的存在。
自分の思いに共感を持って、ついてきてくれる存在。

もちろん、まりには3つ目のような人なんてまだまだいないよ。
ずっとずっと先だけれど、
そういう人がいるか出てくるような、
人の心を動かせるような、
人の心に響くものを持った、
そんな人に私もなりたい。

そのためにはね
まりにいっぱいパワーをくれる、それぞれで頑張ってる大好きな友達みんな、
多分これを読んでくれている、グネグネ道の中のNarumin、
きっと読んでいないけれど、私に影響とエネルギーと夢を与えてくれた人、
おっと忘れてはいけない、ここまで育ててくれた親にも
毎日感謝しつつ、
一瞬一瞬今を一生懸命に生きましょうね。
がんばれ。
[PR]
by bamri | 2006-01-27 10:14 | MA PENSÉE

la belle vie

1月19日
e0035516_10392637.jpgいや~、フランス語で書いていると疲れるね。
ぷぅ。
今日は休憩。
ジャポネ。
やっぱフランス語ではリアルな感情は書けないよ。
かなり硬い文章になるの。

ところで、お花咲きました。
早っ!
これとってもいい香りするのよ。
お勉強してるとね、すごい漂ってくるの。

e0035516_112893.jpg今日はソフィアがギリシャに帰るお別れパーティーでした。
出会いがあれば、別れもあるね。
あぁ、悲しいかな・・・。
王冠かぶってるのがソフィアね。
美人ーっ。






でもそんな中、個人的には今すごい満足感に浸ってる今日この頃。
最近ね、充実してるなって感じれるよ。
満足のいく、自分が納得できる生活ができてる。
っていうか、
いよいよ、し始めるってくらいかしら。
やっとこさね。

まりはね、やっぱり楽しいだけじゃダメだと思うしね、
ていうかそれじゃあ嫌なの。
与えられた事を、無感情にするのもあんまりでしょう。
感情のままに、楽なほうにいくのもノン、ノン。
受身じゃダメだと思う。
突っ立ってても仕方ないしね。

やっぱり、何においても自分で探さないとね。
そうするとね、モヤモヤしていた霧が晴れて
おぉーってだんだん見えてくるんだと思うよ。
こんな感じぃーくらいにしか思っていなかったものも、
自分で色々考えたり、とにかく行動してみたら
変わってくると思うの。

そう自分自身、変わってきた気がする今の私。
興味あるゼミ研究も決まってきたし、
ずっと(ナントナクネ)思っていたことで理由ちゃんとあるし、
意味づけもできるし、
それ専門の先生2人も見つけて連絡取り付けたし、
(これまりにとっては最近のビックニュース。
今のホリエモン問題よりもビックなの。)
いいお友達のお陰でフランス語も頑張れてるし。
日々がキラキラ。
今ある楽しさとか喜ぶところって違うのよ。
「勉強」という枠組みの中だけの意味でなく
色々な面での、学ぶ楽しさっていうかね。
すべてが新鮮に思うの。サワヤカー

でもね、慣れ親しんだ、居心地の良い生活に浸っているとね、
楽しさとか喜びとか興味って、
恋愛、友達、お金、遊び、服、酒になってしまうでしょう。
あと、やたらと人を頼ってしまう癖がついちゃうわけ。
楽だからね。
少なくともまりはそうだったのよ。
すると、そのせいで自分の大切な部分がとっても見難くなってしまうでしょう。
だってそれがパーフェクトに満たされたら素晴らしい日々なんだもん。

けれども、それ以外にも大切なものっていうか、
それ以上にステキなものってあると思うの。
個人個人によって違うと思うんだけども、
一時的なものじゃなくって一生繋がっていくような奥深い何か。
多分ね、きっとね。

つらつらと書いたけれども、
私の今素直に思うことこんなの。

で、あとフランス留学半年あるぅーって思ってたら
あと5ヶ月弱しかないって事にも今気づいたの。
これは多分でなく、間違いなく確かな事実だね。
やばいなぁ、これ。

一日一日というか、一瞬一瞬が大切ですね。
[PR]
by bamri | 2006-01-20 10:27 | MA PENSÉE

Du courage!

1月9日
がんばる、がんばる!
って言うけれど、
がんばってー!
ってまり人に励ますけれど、
これ、かなり曖昧ね。
その分便利だけどね。
一体何をがんばるのかしら。

そりゃね、
天文学者になりたけりゃあ
ニュートンみたいに天文学を頑張って学ばいいし、
作曲家になりたけりゃあ
頑張ってベートーヴェンとかを目指せばいいのだけれどね。

そういう専門的なものを目指してる人って、
目標がはっきりしてて、
専門分野を極めるのに
勤勉!努力!忍耐!
みたいなところがあるけれど、
そうじゃない人達ってたくさんいるでしょう。

何か夢があったとしても、今すぐに叶うものではなかったりするし。
だいたいの4年生大学行ってる子は、
結局はどこかの会社に就職すると思うし。
熱中できる事が、仕事というより遊びに近かったりするしね。
じゃあね、就職するとして、
自分の思うイイ企業、入りたい会社に向けての頑張りって何?
ってならない?
たまに何をがんばればいいのか分からなくなっちゃう。
学校の勉強を頑張っていればいいの?って。
どうしたらどこまで自分の夢と現実を近づけられるんだろうね。

でもね、もし自分の夢がはっきりしなくても、
超漠然で幅広すぎても、
したい事が非現実すぎても、
それに関連することとか、繋がるものがあると思うのね。

まりはね、
やっぱり何かこだわりを持つってステキだと思うわけ。
誇りや自信を持つことって大切よね。
だからね、どこか企業に入るとしても、
そういう精神のある会社に入りたいのね。
どこかのマネっこ!とか
流行ってるから売れるってだけとか
薄っぺらくてペラペラの考えが嫌なの。
Yes!マネー No!こだわり
みたいな。
あ、でもお金は大切だから考え的に、
マネー>こだわり
ってことね。 

それでね、今まりフランスで英文を勉強しているわけだけれども、
それが直接に自分の、これがしたいってことに結びつかないとしても
まりが感じるフランスの魅力とかね、
ウィリアムモリスの思考とかね、
今はうわべだけしか知らないけれど、
奥深いものがあるわけで、
そのステキな精神を学ぶって事が大切な気がするのよ。
そうよ、
オンナも勉強も、大切なのは中身や精神。
ほほほ

と思うと、がんばろうって曖昧じゃないわね。
ひゃっほいっ

e0035516_923799.jpgこれは今日のジャポンの風景。
まりのおうちでは初釜でした。
クリスマスプレゼントに
パリのクリニャンクールで買ったお茶碗使ってくれたみたい!
お母さん喜んでくれてよかったー。
まりも参加したかったよぅ。
茶の心を学ぶことも大切よね。
ステキ、千利休っ
あっちんの後ろに千利休の精神が見えますね。
和敬静寂ー
[PR]
by bamri | 2006-01-10 09:15 | MA PENSÉE

William Morris

1月4日
e0035516_210475.gifきのうフランス人に、
英語英文学んでるのにどうしてフランス選んだの?
ってまた聞かれたよ。

DVD見ながら、カフェで勉強しながら、思ったよ。

まりは何を学びにフランスに来たんだっけなぁーって。

オフコース、英語とフランス語。
いやね、それはそうなんだけれどさ、
それが目的なんだけどさ、
でもそれだけかいっ
みたいな。

もちろんね、語学習得したいんだけれども、
それがベースにあるんだけれども、
それ以上に学ぶべき価値があるものもあるんじゃないのかなって。

想像してみたのよ。
6月の私。
帰国後、感動の再会を果たしたあと。
フランスでどうしてたの?と聞かれ、

辛かったけど、耐えて語学の勉学に励んだよ。
それでね、フランス語がしゃべれるようになってね、
英語も前よりよくなったよ。
必要ゼミ4単位もなんとか取れたよ。
ふぅーっ

って。
ん~、しっくりこないっ。

私、語学博士になりたいんだっけ?
翻訳家になりたいんだっけぇ?
通訳だっけな?
みたいな。
はっは~、いやいやぁ。
違うよ。

まりはやっぱりフランスには語学以外にも、
伝統、文化、芸術っていう素晴らしいものがあると思うの。
ここは画家が多いだけじゃなくって、
ベルサイユの薔薇みたいな豪華な王室生活があっただけじゃなくって
一般生活の中にまで芸術があったと思うの。
庶民の知恵とか技術とか、職人による芸術的な有用品とか。
その創意工夫がね、今のフランスの魅力にまで繋がってるんじゃないのかな?

まり、絵とかよくわかんなくて
ん~、ゴッホとモネが好き。
睡蓮キレイじゃん。
しか言えないし、
フランスの歴史もろくに知らなくて
ベル薔薇のオスカルとかアンドレって実在人物??
って未だに思っちゃうし、
ミュージカル映画見ても笑っちゃうし、
でも、さっき言ったような生活の中にある有用品の芸術っていうのには心引かれるの。

日常を芸術的に生きるってステキだと思わない?
豊かさの本質ってそこにあると思うのね。

だから
「美しいと思わぬもの、有用と考えられないものは、
どんなものでも所有してはならない」
って言ってアーツアンドクラフト運動を先導したウィリアムモリスが好き。
イギリス人なんだけれども。
もちろん、彼の絵画的、デザイン的、芸術的感性も素晴らくって
オールマイティな彼って天才って思う。

e0035516_2114503.gif


ということで、卒論テーマを考えていたんだけど、
まだ定まっていないけど基本このラインでいこうかなって。
どうにか英文とフランスを結びつけつつ。
そしたらフランスいる間、これに関するところに行って
資料集めしたら、学びながら(観光じゃなくて)旅行できていいでしょう。
手工業には地方的特色があると思うから。
これがフランスを学ぶということにはならないのかな?
部屋にこもって文法のお勉強するより魅力的でしょう?

ってもう朝方4時じゃんー。
お肌が荒れ荒れね。
寝なきゃ。
[PR]
by bamri | 2006-01-05 12:26 | MA PENSÉE