安くて便利、大学の食堂

e0035516_21454190.jpg大学の食堂は町の中にいくつかあります。
ここは駅よりも少し下に下ったところにあるサニタスの食堂。
友達の食堂調査では、ここが一番おいしいらしい。

e0035516_2146013.jpgトレー・お皿をとって好きなものを選びます。

e0035516_21493530.jpge0035516_2149557.jpgメインと横のおかずは毎日二種類から選ぶ。
サラダやデザートは好きなものを3つ選ぶ。
パンは無料。
全部で3ユーロ。
安いし、なかなかおいしかったので利用する価値ありです。
[PR]
# by bamri | 2006-06-20 21:55

学生用アパート Auberge de Jeunesse

e0035516_11465160.jpg5, rue Bretonneau
37000 TOURS
tel 02 47 37 81 58
fax 02 47 37 96 11
tours@fauj.org
http://www.fuaf.org


e0035516_11533050.jpge0035516_11542230.jpg
e0035516_11544652.jpgベッド・洗面台あり
電話・ネット回線あり
シャワー・トイレなし
共同シャワー・トイレ・キッチンが部屋の外にあります。
コミュニティールームあり(テレビあり)






家賃
月285ユーロ
(ガス・電気・水道代すべて込み)
Caution de loyer 285ユーロ
Frais de dossiers 15ユーロ
Adhesion 17,40ユーロ

入居したい場合はメールで問い合わせしてください。

ここの寮は大学から徒歩3分、隣は大学のレストランがあり、
かなり立地がいい。
エラスムスの学生がたくさんいるので友達もできやすく、
フランス人だけでなくヨーロッパ各地の人達と仲良くなれます。
コミュニケーションルームではいつも学生がおり、
色々なパーティーもここでよく行われるので
ここの寮の子だけではなく、たくさんの学生が集まっていつも楽しくしています。
また、入り口のセキュリティーがしっかりしており、
入る時は必ず身分証明証を管理人に渡し、しっかり管理されているので安全です。
そんなにキレイではないけれど、ここだと留学生活絶対楽しい!
たくさんの人と交流したい人にはここはお勧めです。
[PR]
# by bamri | 2006-06-20 13:35 | 寮の紹介

FOYER SAINT THOMAS D'AQUIN

e0035516_10392861.jpg17, quai Portillon
37000 TOURS
02 47 62 49 50
foyer.saint.thomas@wanadoo.fr

e0035516_10421839.jpge0035516_10424178.jpgロワール川沿いにある女子寮
最寄のバス停より徒歩5分
部屋数 52
エレベーターつき3階建て
駐車場あり



e0035516_10472558.jpge0035516_10481744.jpg部屋は家具つき
(ベッド・机・椅子・棚・クローゼット)
電話・インターネットADSL回線あり

e0035516_10521185.jpge0035516_10522968.jpg洗面台・トイレ・シャワーつき



e0035516_10545482.jpge0035516_10551361.jpg各階に共同キッチン
(電子レンジ・コンロ・冷蔵庫)

e0035516_112593.jpg各階コミュニケーションルーム (テレビあり)

e0035516_1112242.jpge0035516_113414.jpg左 朝食用ルーム
右 昼・夕食用ルーム

e0035516_1191239.jpg朝食の料金は家賃に含まれています。
昼食・夕食の料金は家賃に10回分含まれています。
追加料金を払えば、毎日昼・夕食をとることも可能。
月曜から金曜まで一週間の昼・夕食の希望をこの掲示板にマークするシステム。

e0035516_11174862.jpge0035516_11181835.jpg管理人の方も、働いている方もとても感じのいい方ばかりです。
ここの方はすべてクリスチャンです。

e0035516_1120395.jpge0035516_11211351.jpg寮の裏には大きな庭があります。
ここの寮専用の庭とは思えないほど大きい。
ここの寮の人ならいつでも勝手に入ることができます。

e0035516_11224799.jpge0035516_11233131.jpge0035516_1124932.jpge0035516_112549.jpg
e0035516_11265937.jpge0035516_11274478.jpg春や夏にはピクニックができます。











 家賃
Chamble petite 12M×14M    383ユーロ
Chamnle moyenne 15M×18M 398ユーロ 
(部屋代・朝食・昼夕食10回分)

11回目からの昼夕食代 3,90ユーロ

A.L.S (住宅補助金)  月85ユーロ

入りたい時は、前の年の1月・2月に申し込み
手紙、またはメールで受付
部屋数も少なくすぐにいっぱいになるので出来るだけ早めの方がいい。
寮の人も感じのイイ方ばかりだし、ご飯もまぁまぁおいしいようだし、
とっても居心地はよく満足いく寮。
ここだと寮の中で友達も出来やすく、女の子にはとってもお勧めです。
[PR]
# by bamri | 2006-06-20 11:39

ただいま。

テストを終えて帰還!!
こぶしを握り、ウィンクして,
にっこり笑ってガッツポーズをとりたい。

けれども、私は今こんな感じ。




















・・・・・・・・・・・・・・_| ̄|○


あぁぁぁあああ!!!!
微妙!
自己採点してみた結果、
かなり適当やけど、
20点満点中、11,5点でーすぅ。
10点以上で合格。
何この点数・・・・・・・・。

アホやん。
バカ万里まではいいが、
これではリアルバカになってしまうじゃないか!
そんなの嫌だ!


でも言い訳。
テスト範囲は私、パーフェクトに理解したの。
んー、プレスキュ(ほぼ)ね。
年号までも完璧に覚えた。
なんだけれどもね、
テストはね、
その理解したのを英語で説明しないとアカンねん。
記号で答えるとか、穴埋めじゃないねん。


そんなん無理やん。

無理じゃないけれども、
分かってるのに伝えられないこの悔しさよ。
言語の難しさ。
日本語ならガッツリ答えれてるよ。
英語になると、この単語何??とか
どうやって言うの??とか。
そんなのも対応して勉強してんけど、
テストになると忘れるのよね。
ていうか、それ以前に問題文すら理解できてなかった。

Describe some aspects of the general distribution of the population in Britain.

は?でぃすとりびゅーしょんって何やねん。
って思った私は想像を膨らまして、
イギリスの人々の特徴を書くことにしました。
そういや、ステレオタイプについて書いてたなって思い出して
スコットランドの人は厳格だ。
とか書いた。
違うし!!
撃沈ー。


てか分かったよ。
この先生はあっさりしたいい先生じゃない。
冷たいわ!
ハリスのおっちゃんめ。
前期のノーマン先生と大違いだよ。
成績できるだけ早く知りたいって言ってるのに6月15日以降とか言うし。
遅いっちゅーねん。
手紙書いて先生の部屋に差し込んできたけどね。


お母さん、5回生になったらごめんね。
どうする?
[PR]
# by bamri | 2006-05-27 00:59 | JOURNAL INTIME

あと一日、がんばれ万里ー!

午前中、あさってのテストの先生に質問をしに行ってきた。
何度か訪れたのにいつも不在。
テスト2日前の今日やっとよ。

この先生、あっさりしたいい先生なのか、冷たいだけなのか。
いくつかした質問をパパッと答えていく。
エボリューショニズムなんかは自分でウェブで調べるようにと。
ちっ、教えてよー!
とりあえず、真面目なところを見せないとっと思って、
やたらマーカー引いた教科書とノートをペラペラめくりながら、
先生が話すのをフムフムと聞きながら真剣な眼差しを送り、
帰りは満面の笑みで「それではまた金曜日!」と挨拶しておいた。

どうなるんでしょうか・・・・・。
この授業受けてる友達はめちゃ適当やしー。
最後の授業とか来なかったしさ。
私、きっとあのクラスの中で一番テスト勉強してるわ!
だからって一番出来るとかじゃ絶対ないのよ、全く。
でも悩み苦しみ度ではダントツトップだよ!

胃がキリキリ。

そのあと、友達に帰りの飛行機の予約をしてもらおうと頼むことに。
電話で、しかもオープンチケットの日にち変更とかややこしいの無理ー。
フランス人に頼むのが確実。
と思ったらケータイ忘れてきてるやん・・・・。
今日に限って。

おぉ、帰国がリアルになってきた。
楽しみでもあるけれど、
やっぱり寂しいわ。
愚痴もあるけどフランス素敵だもんね。
嫌なところもあるけど、ここの暮らし好きだもんね。

ジャドール フランス (ハート)

胸が苦しいよー。

という、テストの不安+帰国の切なさが私を憂鬱にさせて食欲なし。
今日の夜は野菜のポタージュ一杯でごちです。
ピカールで買ってみてんけど、コレまっずー!
離乳食みたいだよ。

明日は祝日なので家にこもってラスト勉強に励むわー。
この祝日はキリストが天に昇って行った日?
よく分からなかってんけども、
とりあえず、キリストがどっかにのぼってってんて。

私も不安がなくなるならば、お空に昇っていきたいよー。
[PR]
# by bamri | 2006-05-25 05:02 | JOURNAL INTIME

あーーーーーーー!!

e0035516_2373527.jpg早く終わって!!
テスト!
残り少ないのに、時間すごいもったいない気がしちゃう。
しなきゃいけないのはわかっているけれども。
だって、イギリス文化だし英語だよ。
中学生みたいに年号とか覚えてるんだけど。
語呂合わせ考えるのに必死です。

The Act of Supremacy
1534年にヘンリー8世が発布した法令。
「ヘンリー8世はイチゴさんだヨ!」


e0035516_240774.jpg学校の図書室に通う毎日。
私の幸せタイム。
0,5ユーロの幸せ。
カプチーノ シュクレ。
図書室行く前と、休憩に一回飲むねん。
[PR]
# by bamri | 2006-05-23 02:52 | JOURNAL INTIME

Événement tragique (3)

2h30 après, on est arrivées à Marseille.
J'ai payé 500euro le chauffeur( ̄Д ̄;)
Je n'ai pas de l'argent non plus(T_T)
C'était trés cher!
C'est la vie....
Mais je n'a pas eu du temps de se déprimer.
J'ai dû chercher un vol pour rentrer à Paris.
Je me suis dépêchée au guichet,
et j'ai demandé des billets.
Mais....
Elle m'a dit tout sec.
<< C'est complet. >>
C'est incroyable!
Tous les moyen de transport étaient complait,
n'importe ou!!
J'ai été figée sur place.
J'ai demandé de l'aide à mon ami qui habitait à Paris.
Je lui ai téléphoné que j'étais dans la situation critique.
Il m'a conseillé d'aller à Bordeaux en TGV d'abord
et d'aller de Bordeaux à Paris demain matin.
C'était possible mais je n'ai été sure cela aurais bien.
Lorsque j'ai cherché les places de TGV sur Internet,
il m'a rappelé et dit,
<< Il y a les deux place! Le vol de Marseille à Paris demain matin.
Dépêche toi au guichet!! >>
C'est vrai??
J'ai couru au guichet.
C'étiat sûr.
Enfin j'ai réussi à garder les placeヽ(´▽`)ノ"
J'ai été vraiment soulagée et ma mère aussi.
J'ai lui montré les billet et on a pleuré en toute sécurité.
[PR]
# by bamri | 2006-05-03 06:43 | JOURNAL INTIME

Événement tragique (2)

Nous somme arrivées à la gare Nice ville.
Il y avais longue file de personnes qui attendaient à un guichet.
J'ai dû prendre la file....avec agitation.
À ma part, j'ai demandé les billets à Paris immédiatement.
Mais la guichetière m'a dit que tous les trains à Paris étaient complets toute la journée
et laindemain aussiΣ( ̄ロ ̄lll)
Le prochain train serait mardi.
C'était incroyable!!!ヽ(゜ロ゜;)ノ
Ni passer par Lyon, ni par Marseille.
On ne peut pas rentrer....(ToT)
J'ai prié l'employé de gare de nous laisser passer dans le train.
Qu'importe ce que se tenir debout!
Mais la reponse était même ''c'est complet''.
Oh, mon deux.
Je me suis vraiment inquiétée.
Comment on peut rentrer??
<< Prenons le taxi.>>
Ma mère m'a dit ça.
M, mais.......jusqu'à Paris!?
On n'avais aucune idée que ça.
Tout d'abord j'ai interogé le chauffeur combien ça coûtait.
<<Ça coûte 1800euro.>>(; ̄Д ̄)
<< Et on met 10 heures.>>(;; ̄□ ̄;)
J'ai consulté l'émployé de gare.
Il nous a recommandé d'aller à Marseille car l'aéroport était plus grand que celui de Nice.
Donc on a pris taxi pour aller à Marseille.
[PR]
# by bamri | 2006-04-26 06:52 | JOURNAL INTIME

Événement tragique (1)

22/04/2006

C'était le dernier jour à Nice.
Nous avons conté partir ce matin par avion.
8h30, nous sommes parties de l'hôtel et allées à l'aéroport en bus.
Dans l'aéroport, nous avons pris la file pour entrée.
A notre tour, j'ai présenter notre billets à caissière.
Elle a vu notre billets et dit que c'était les billets pour autre vol.
Nous nous sommes trompées. Σ( ̄ロ ̄lll)
Cela m'a étonne!
Ce vol partira dans 10 minutes et nous ne pouvons pas prendre ce vol.
Donc nous devous changer les billets.
Je l'ai tout à fiat cru que notre vol partait 10h30 mais le vol partait 10h05.
Je suis allée la caisse en hâte et demandé à changer le billet.
Mais elle m'a dit que tous les vol pour aller à Paris étaient complets.Σ( ̄□ ̄;
Le prochain vol était le lendemain après midi....
Ce n'est pas possible! ヽ(゜ロ゜;)ノ
Ma mère prendrais le vol qui partirait de CDG pour rentrer au Japon le lendemain midi.
Elle ne pourrait pas manquer ce vol.
Nous avons renoncé à l'avion.
Nous avons décier de rentrer en train et nous nous somme dirigées vers la gare.
[PR]
# by bamri | 2006-04-25 21:35 | JOURNAL INTIME

Nice

17/04/2006
Ce matin je suis partie de Paris avec ma mère pour à Nice.
Nous restons le Midi jusqu'à samedi.
Beaucoup de monde se couchent sur terre au bord de la mer.
Il y a aussi les gens en maillot de bain.
On dirait que c'est déjà en été!
Nous nous sommes promenées la plage.
Par contre à Paris ou il faisait encore froid,
Il fait doux et soleil ici.
Mais le vent a soufflé et c'était un peu frais.
Je veux visiter de nouveau en été pour se baigner dans la mer!
[PR]
# by bamri | 2006-04-18 07:09 | JOURNAL INTIME